コカコーラの秘密とスパイス

その機密性を守るために特許登録もしてこなかったコカコーラーのレシピが過去の新聞の写真に写りこんだ開発者のものと思われる写真から判明したそうです。

元記事Is this the Coca-Cola recipe? | Mail Online

訳記事世界的トップシークレット「コカ・コーラのレシピ」が意外なところから暴かれた可能性が浮上

英語ということもありますがオンスやドラム、ガロン、パインという単位はSI単位になれた日本人には想像がつかないうえ、書かれているレシピの内容もわかりにくいためこのままでは再現しようにも再現できない。しかたないので、元化学屋で現スパイス、ハーブ、紅茶屋さんががんばって解読してみようかなとおもう。

あれ・・・こんな時間にだれかきたみたいだ(ny

コカコーラオリジナルレシピ

Fluid extract of coca 3Drams = 11ml (もしくは5.3g)

Fluid extractとは文脈上飽和溶液のことだと思う。3Dramsは液量として計算した。
次のcocaだが、コカインのcocaだったら笑えるがこれはコーラナッツのことだろう。

Error: Developers ID has not been set.

Citric acid 3oz = 85g

これはクエン酸だ。梅干のすっぱ味とおもってくれればいいだろう。
味のインパクトの割に扱いが楽なものであるので、薬品としても安価に出回っているものだ。
もしなければレモン汁などでも対応してもよいかもしれない。

Error: Developers ID has not been set.

Caffeine 1oz = 28.35g

コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインを単離したものになる。ここまでくると医薬品で日本だとなかなか無水カフェインは手に入らない。第3類医薬品に該当するそうだ。
途端に難しくなったぞ!

Sugar 30(unclear from markings what the measurement should be) = 850g(推測)

さて、この()は何だろう? 単位が不明瞭で読めなかったということだろうか。ozと仮定して計算しておく。
まあ砂糖の量は現代のコカコーラーからも読み取ることができるのでパスしよう。

Error: Developers ID has not been set.

Water 2.5 gallons = 9.46リットル

お水です。

Lime juice 2pints = 0.946リットル

ライムジュースです。

Error: Developers ID has not been set.

Vanilla 1oz = 28.35g

バニラですね。この場合はパウダーを想定でいいのかな? オイルだと多すぎる気がするし…。
でも、バニラビーンズのパウダーってほとんど見かけないなー。

Error: Developers ID has not been set.

Caramel 1.5oz or more to colour = 42.5g以上

カラメルといっても砂糖を水で溶かしながら煮詰めただけのものなので、この焦がしの具合によって、溶かしこむ色合いを変えましょうということだとおもう。

7つの秘密のフレーバー

(use 2oz of flavour to 5gallons syrup = シロップ19リットルに対して56.7g)

Alcohol 8oz = 226.8g

エチルアルコールですね。これはオイル類などのエッセンスを溶かすために用いるだけだと思います。

Orange oil 20 drops

オレンジエッセンシャルオイル、オレンジエッセンスですね。

Error: Developers ID has not been set.

Lemon oil 30 drops

レモンエッセンスですね。

Error: Developers ID has not been set.

Natmeg oil 10 drops

世界の3大スパイス、ナツメグさんです。
ナツメグのオイルってあるんでしょうか? ちょっと調べてみたらめちゃめちゃ高いですね…。

Error: Developers ID has not been set.

Coriander 5 drops

コリアンダーですね。パクチーともいいます。まさかパクチーがはいっているなんて。
これはホールでいいのでしょうか?

Error: Developers ID has not been set.

Neroli 10 drops

ネロリは聞いたことがあるだけで取り扱ったこともありません。どうもアロマ系のオイルとしては出回っているようです。

Cinnamon 10 drops

シナモンですね。単位がここまでくるとわからなくなります。これもオイルかな?

日本ではパウダーのほうが手にいれやすいのでパウダーをご紹介します。

Error: Developers ID has not been set.

コーラ再現アレンジレシピ

まだ未挑戦です・・・・・・。あくまで想定レシピ。
さて、調合の具合もわかったところで、まさかコーラの原液を10リットルもつくってもしょうがないので、1/20にスケールダウンして手順をふまえたレシピを考えてみましょう。

Step.1

カラメル2gをつくる。
フライパンを弱火であたためながら予備も考えて5gぐらいのお砂糖を水で解いたものを焦がしてカラメルをつくっておきましょう。

Step.2

無水カフェインの入手がどうかんがえても難しすぎです。
無水カフェインはここでは手に入れることが難しいので紅茶を使いましょう。ベースをコーヒーとかにしてもいいとおもいます。紅茶でコーヒーを入れる台湾の鴛鴦茶(えんおうちゃ )みたいなちゃんぽんベースでもいいかもしれんね。コーヒーは香りが強いので再現度が落ちると思いますが。無水カフェイン1.4gって相当多いので普段の数倍ぐらいの濃さでいれる必要があるかもしれません。1/20想定なので水は425ccですが、ここでは後の工程を考え、150ccのお湯で濃縮抽出をおこないます。コップ一杯分のお茶になるわけですが、10~15gぐらい使う勢いで。
今回はあくまでベースなので渋味がでないようにかなりぬるま湯で長時間抽出をしてみましょう。長時間水出し抽出でもいいかもしれません。

Step.3

コーラナッツをティースプーン半分(0.25g)
お砂糖(42.5g 多っ!!)
バニラ(1.4g)

レシピ通りだとコーラナッツが少ないきがします…。
逆に砂糖多い!調べてみたら現代のコーラには350ml缶に約40gの砂糖がはいっているらしいので425ccに48g。あ、こんなもんなのか…。恐ろしい砂糖の量ですね! コーヒーとかについてくるスティックシュガー17本分に相当します。恐ろしい飲み物だ。
この量の砂糖を効率よく溶かすには、Step.2でつくった溶液に温めながら加えたほうがいいかもしれません。

Step.4

隠しフレーバーですが、どれもなかなか入手が困難なものばかりです。
オレンジ、レモンエッセンスについてはライムジュースとクエン酸が入っているので手元にないのであれば飛ばしましょう。オレンジピールをひとつまみ、ナツメグをくだいた物をひとかけら、コリアンダーをひとつまみ、シナモンをひとつまみ入れます。ネロリさんは今回はパスで。

Step.5

ベースの溶液を火から下ろして冷まします。
クエン酸をティーススプーン山盛り4杯(4.25g)
ライムジュース50cc
を加えて!
以上でレシピ完遂!

ですが、炭酸がはいってなくね??
これにガスを入れて完成なのだけど…。ガスなんて家庭でいれられないよね。
なので、水の両を減らして425ccでつくるべきところを150ccでやっていたので、煮詰まった分などを考慮して300ccぐらいのただの炭酸水を足してみてください。そうえいば「ただの炭酸水」という商標の商品を昨日スーパーでみかけました。

いちまつの不安

・・・これでできるのだろうか。
激しく不安。そのうちやってみるよ。
もともとコカコーラは薬局でむかつきを抑えるための薬として開発されたという経緯があるとか聞いたことがあります。やかんにコーラを入れたひとからそのレシピを買い取ったのが始まりだとかなんだとか。
そういう経緯からてっきり西洋菩提樹あたりがベースになってるのだとおもってました。

単位変換参考

Drams 《重量・常衡単位》ドラム◆=1/16(常衡)オンス=27+11/32(常衡)グレイン=1.77185グラム
oz《重量単位》常衡オンス、オンス◆=1/16(常衡)ポンド=16(常衡)ドラム=437.5(常衡)グレイン=28.3495グラム。◆
《液量単位》ガロン◆1ガロン=〈米〉3.785リットル〈英〉4.546リットル=約4リットル◆【略】gal.
《液量単位》パイント◆=1/2クオート=〈米〉28.875立方インチ=0.473リットル=〈英〉0.568リットル=約 500cc

eow.alc.co.jp/

ドラムという単位に聞きなれないので調べた

体積の1ドラムは液体の計量に用いられ、液量オンスの8分の1と定義されている。液量オンスの値がイギリスとアメリカで異なるため、ドラムの値も異なる。アメリカでは正確に3.696 691 195 312 5ミリリットル(mL)で、イギリスでは3.551 632 812 5ミリリットルである(ただし、今日のイギリスでは用いられていない)。

ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%A0_(%E5%8D%98%E4%BD%8D)
変換しながら思いました。よくこんな単位系で生活できるよな……アメリカさんは!

Error: Developers ID has not been set.

コカコーラの秘密とスパイス” への1件のコメント

  1. ピンバック: Tweets that mention すごい! 確かコカって大昔は本当にコカインだったんだよね。 -コカコーラの秘密とスパイス via -- Topsy.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です