紅茶屋がつくるタピオカミルクティー

タピオカミルクティーができあがると何故か雨が降ります。久しぶりにタピオカを煮てタピオカミルクティーをつくったので、何年ぶりかぶりにブログを更新。

最近、巷ではタピオカミルクティーが何度目かのブームのようですね。お隣の街の吉祥寺はいつの間にかタピオカ専門店だらけになってしまいました。猫もしゃくしもタピオカです。あちらもこちらもタピオカ、タピオカ。

かつてのブームだったときのタピオカと何か変わったのかなといくつか飲んでみたんですが、うん、タピオカミルクティーですね・・・。甘さ控えめで頼んだのに甘い・・・。工場製造品にストローを刺したものが600円オーバーなのを買うと、これでいいのだろうかと思ったりもします。

大手資本の乾燥タピオカを買ってみたんですが、流通が希少化しているようで1キロ1万円オーバーしました。これも聞くとブームに乗った価格のようですね、かつては3千円代でも買えたんじゃないかとか? これだとグラム10円なので、一杯つくるのにタピオカだけで原価200円しちゃう計算になります。お店だとこれでは商売にはならないですね。

すごく安いタピオカもあるのですが、いろいろリサーチしたところ、原材料がキャッサバじゃないなんちゃってタピオカまで出回っているそうで、今回のブームには中国大陸の方のブームも連動してあちらで工夫されたものも入ってきているようです。もともとは台湾発信なので、大陸のほうで流行るのもわかるのですが、女の子が飲みすぎて腹痛おこして病院にいったみたいなネタを見たのですが、私が反応したのは何故かレントゲンに写っているタピオカ・・・、ちょっとまって、なんでデンプンがX線に影を落とすんだよと、増粘剤に何つかってるの!? と値段高くてもいいやと諦めた次第です。

多分、ブームが落ち着けば乾燥100g 350円で手にはいるようになるんじゃないかと思いますが、今はなにか危険な香りがします・・・。おっと、これ以上は血の雨が振りそうなので、やさしいタピオカワールドにもどりましょう。

紅茶屋がつくる採算度外視タピオカミルクティーレシピ(まだ試行錯誤中)

6杯分でレシピ組んでます。

a)タピオカの準備

  • 1.100gの乾燥タピオカを大量の湯で90分煮る(1杯分なら20g)
  • 2.水切り、冷水でしめる
  • 3.湯300mlに80gの島ざらめを溶かしタピオカを投下、少し煮詰め粗熱をとりながら冷ます
  • 4.100gごとに分包して冷蔵保管

タピオカ乾燥重量 20g を湯で戻すと 76g になります。
一晩水で戻すという人もいたので実験してみましたがあまり内部浸透や内部までの火が通る時間はあまりかわらなかったです。割れやすくなったような?

サトウキビとかのざらめは多分ご家庭で持ってるひとはいないと思いますので、グラニュー糖とかを煮詰めてキャラメリーゼしたものでもいいと思います。専門店でも砂糖にキャラメルフレーバーをつけているだけのところとかもありましたし、まあいろいろ。
次郎ラーメンよろしく甘味や油脂肪油分は味覚を無視して脳にくるので、個人的には甘くしすぎるぐらなら砂糖の質にこだわってほしいところですが、たぶん少数派。

b)ミルクティーの準備

濃い紅茶を淹れよう

  • 1. 600mlの湯に紅茶茶葉12g+チコリ5g
  • 2. 3分煮出したあと茶葉を茶こしで取り除き急冷
  • 3. 粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やしてください

ミルクティーにするのでクリームダウンを気にせずしっかり濃くでるアッサム系をつかいました。
ケニアの無農薬 リッチボディテイストPF1(こども)です。
チコリ(苦大根の根)はミルクに合わせるとチョコレートっぽい風味が出て、アイスミルクティーにあうので隠し味的にいれました(隠せてない)。あと他にもチャイを入れるようなスパイス入れたら面白かもしれませんね。

ミルクと合わせるように本来の3倍ぐらいの濃さで入れているので、このまま飲むとすごい渋いです。アッサム系のボディの強い紅茶を冷やすと成分が析出して写真のように濁ってしまい(クリームダウン)、見てくれがよくないですが、味がよければいいので目をつむってください。お湯を少し垂らすとまたクリアにすることもできますが、ここではミルクティーにするので気にしないで!

c)タピオカミルクティーをつくろう

  • 1.冷やしておいたタピオカ100gワンカップをいれる
  • 2.濃い出しした紅茶を100ml入れる
  • 3.ミルクを200ml入れる
  • 4.タピオカストローをぶっさす
  • 5.ずごごごご

ちなみミルクは、世間ではフォームミルクとかバタークリームとか、脳みそバグるぐらい甘くして脂分糖分で攻める感じですが、自分が飲むようにつくってる感が強いので、あわせる牛乳は明治のおいしい牛乳にしました。あとは、めいらくの生クリームを数滴ドリップして混ぜました、ちょっと世間のタピオカを意識。

タピオカを1キロで買ってるのに、なぜか原価400円ぐらいになっちゃったんだけど、きっと気の所為ですね。しばらく土日に数杯だけ限定でつくるかもしれません。店主が飲みたいときにもしかしたらあるかも・・・ぐらいなので期待はしないでください。

真面目につくると2時間ぐらいかかるんだ・・・。やっぱりこれ大変ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください